ゴリラ脱毛は痛いのか?→ 麻酔と機種選びで抑えられる!痛みを和らげる心理テクニックも紹介します?

ゴリラ脱毛は痛いのか?→ 麻酔と機種選びで抑えられる!痛みを和らげる心理テクニックも紹介します?

今おしゃれに敏感な男性たちの間で注目を浴びているのがヒゲ脱毛、清潔感のイメージアップのみならず毎日のヒゲソリから解放されると人気です。

 

そのヒゲ脱毛を行っているクリニックで一躍有名になったのがゴリラクリニックの脱毛ですが、実は大変痛いという悪評が高いと噂です。

 

ゴリラ脱毛は果たして本当に痛いのか、気になる真相について徹底的にリサーチしてきました。

 

 

 

ゴリラ脱毛は痛いのか?→まずは口コミを調査!

 

ゴリラ脱毛を実際にやった人の中で、痛かった人、そうでない人、また痛みをうまくやり過ごした人、それぞれの口コミの内容を見てみましょう。

 

痛みへの不安を和らげるヒントが隠されているかもしれません。

 

 

痛みを感じたという口コミ

 

ヒゲ脱毛を実際にしてみた人の中には、かなりの割合で痛みを感じた人がいるようです。

 

 

普通に痛い、正直途中で挫折しそうになったし中断してもらおうかと思ったほどでした。

 

でもその分効果はすごいし、何よりもヒゲソリしなくていいのは嬉しい。(20代男性)

 

 

痛みははっきり言ってものすごいです、輪ゴムでパチンというレベルではなくもはや術後に冷や汗かくくらいです。

 

何とか我慢しましたけど次からは麻酔使ってもらおうかと考えてます。(30代男性)

 

 

ヒゲ脱毛は痛いと聞いていたので覚悟していましたが、やはり痛かったです。

 

男は痛みに弱いから?感覚的にはガムテープを一気にはがされるイメージ、ただ仕上がりには満足しています。(40代男性)

 

 

痛みは少なかったという口コミ

 

一方で、痛みをそれほど感じなかったという声も半分くらいありました。

 

その理由は一体なぜでしょうか。

 

 

全く痛くないということはありませんが、部活で骨折した時の方がよっぽど痛いと思います。

 

個人差なのかもしれませんが、自分は十分我慢できるレベルでした。(30代男性)

 

 

ヒゲ脱毛は皮や脂肪の薄い部分だから痛いという説明を事前に聞いてかなり覚悟していました。

 

噂ではハリで刺されるようだと聞いていて内心ドキドキしてましたが、そういう感じではなかった。

 

でも先に聞いておくことで返って覚悟できてよかったです。(20代男性)

 

 

痛みにめちゃくちゃ弱いのでと伝えたら痛みの少ない器具使いましょうって言われました。

 

痛いというよりは熱い?みたいな、でも思っていたより意外と大丈夫でした。(10代男性)

 

 

 

こうすると痛みを抑えられるという口コミ

 

ゴリラ脱毛は威力の強い医療脱毛なので多少の痛みは付き物、しかし工夫すればうまく乗り切ることもできるようです。

 

ぜひとも参考にしてみたいですね。

 

 

麻酔があるというので使うことに、お金は1回3,000円かかるけどまずやってみようと思いました。

 

ケガで手術した経験があるせいか、僕は結構平気だったのでこれからは使ってみようかな。(30代男性)

 

 

痛みの感覚とはあくまで刺激ととらえて、熱いと思うように考えました。

 

軽い火傷程度ならある程度は我慢できるし。

 

そして何よりも、術後のスッキリした姿をイメージする、ポジティブシンキングで乗り切りました。(20代男性)

 

 

メディオスターという痛みが出にくい器具があるところに行き、希望したらやってもらえました。

 

歯医者さんよりはまし、注射よりはましと言い聞かせて、あとは痛みを感じにくいツボを押しながらやり切りました。(40代男性)

 

 

 

ゴリラ脱毛の痛みを抑える方法

 

全員が痛くない脱毛治療はありませんが、上手く回避する方法はあります。

 

ゴリラクリニックでは、患者が痛みをなるべく感じないですむために、3つの対策が用意されています。

 

 

ゴリラ脱毛は機種を選べる

 

ゴリラクリニックでは全ての院に2種類、場所によっては5種類の脱毛器具が設置され、選ぶことができます。

 

全ての院にあるのはメディオスターとジェントルYAG、一部の医院にあるのはライトシェアデュエット、XC、ジェントルレースProです。

 

この中で痛みが比較的少ないと言われているのがメディオスター、YAGに比べて出力は弱いですが脱毛効果は十分です。

 

それでも心配な場合、さらに痛みが少なく肌を痛めにくいのがジェントルレースPro、肌に優しいアレキサンドライト光が使用されています。

 

なおジェントルレースProがある医院は限られているので、自分の通いたい場所にあるかをあらかじめ確認する必要があります。

 

ゴリラクリニックは全国どこの店舗でも施術OKなので、心配な場合は器具のある場所で予約を取りましょう。

 

 

ゴリラ脱毛は麻酔ガスを使える

 

ゴリラ脱毛は医療脱毛なので、サロンにはない麻酔を使うことができます。

 

その中でも多くの人が使っているのが笑気麻酔、いわゆるガス麻酔です。

 

笑気ガスとは亜酸化窒素と医療用酸素を使用したガスを使う、医療使用にも問題のない安全な麻酔です

 

感覚としてはほろ酔い加減で気分が良くなったような、脱力したような状態になりますが、意識はあるので心配はいりません。

 

副作用は塗り薬より少なく、半数以上の患者がこの麻酔を選んでいます。

 

金額は1回3,000円、別料金になるので注意しましょう。

 

 

ゴリラ脱毛は麻酔クリームを使える

 

笑気ガスも心配な人には、麻酔クリームという選択肢もあります。

 

高濃度表面麻酔クリームと呼ばれる、美容クリニックでは広く使われている局所型麻酔薬で、施術部位に塗って使います。

 

成分にはリドカインやキシロカインといったものが使われ、皮膚を一時的にしびれたような状態にさせます。

 

花粉症などで鼻が詰まって笑気麻酔が使えない時には、このクリームで代用するという方法もあります。

 

ただし効果が出るまでに30分程度かかるので、事前の申し出が必要です。

 

またアレルギーがある場合は必ず相談してからにしましょう。

 

金額は笑気麻酔と同じく1回3,000円の追加料金です

 

 

ゴリラ脱毛の痛みで問題がある場合

 

施術中や術後に痛みを感じるのは、脱毛器具だけの問題とは限りません。

 

その原因の多くに、肌に問題が起こっている場合があり、状態によっては施術できないこともあるので十分注意しましょう。

 

しかし意外にも、日常生活で気を付けて行えます。

 

 

かなり日焼けしている場合

 

ゴリラクリニックでは、日焼けした肌にも対応できる脱毛器具が備わっていますが、極端に焼けた肌には施術を断るケースがあります。

 

その理由は痛みが出やすくなることと、肌トラブルを回避するためです。

 

医療脱毛のレーザー光は、皮下組織のメラニン色素に反応して毛根を探し出し、熱照射して細胞を破壊していく仕組みです。

 

日焼けした肌ではメラニン色素の数も多くまた活発になっているため、毛根以外の場所にも反応してしまいます。

 

こうなると痛みを感じる範囲が広がってしまうだけでなく、正確な照射ができないことで脱毛効果にも影響が出てしまいます。

 

また痛みだけでなく、日焼けした肌そのものは大きなダメージを受けています。

 

日焼け肌は普段の状態よりも乾燥し、敏感肌に近い状態です。

 

そんな肌に刺激の強いレーザー光をあてるのは、肌トラブルのリスクを高めてしまいます。

 

痛みを心配する前にまず自分の肌の日焼け具合をチェックし、施術前に日焼けサロンやレジャーに行くことを避けましょう。

 

 

肌トラブルが発生した場合

 

また日焼け以外にも日常的に発生する肌トラブルが原因となっていることもあります。

 

男性が肌トラブルを起こしやすい原因には過剰な皮脂分泌、ヒゲ剃りによる微小な傷、間違った洗顔方法が多くなっています。

 

脱毛痛みを感じさせないためには、こうした肌トラブルの原因を作らない対策も必要です

 

皮脂が多くなっていると感じたら小まめに清潔を保ち、吹き出物やかゆみなどが起こらないように予防しましょう。

 

また毎日のヒゲソリにも注意が必要、シェービングジェルは十分な量を使い適切な方法でシェーバーを使うこと、安くてもカミソリはおすすめできません

 

さらに毎日の洗顔にも気を付ける必要が、力強くこすらず、肌を労わるように優しく洗い、すすぎをしっかりと行うことが大切です。

 

そして肌トラブルはこのほかにも、不規則な生活やストレス、飲酒喫煙、偏った栄養などでも起こりやすくなります。

 

生活習慣に原因はないか、健康のためにもこれを機に少し振り返ってみるのもいいですね。

 

施術痛みは実は身近なところから予防ができますので、脱毛をする前には肌のことを少し見直してみましょう。

 

不安なこと場合はすぐに相談を

 

初めての脱毛では誰でも多少の不安はあるのが当たり前、そんな時は遠慮しないで医師に相談しましょう。

 

ゴリラクリニックの施術スタッフは全員が医師免許を持っているプロ集団なので、豊富な知識と技術を持っています。

 

口コミでもスタッフ評価がかなり高いことで有名なので、気になることがあれば無料カウンセリングでどんどん質問しましょう。

 

色んな肌質を見てきた医療スタッフなので、適切なアドバイスと施術メニューを考えてくれます。

 

 

痛みを和らげる心理テクニック!

 

最後に、痛みを和らげる究極の心理テクニックがあるので2種類紹介しましょう。

 

直接痛みを感じなくても心理的に痛いと思ってしまう、そんな時もあるようですが、これは他の場面でもメンタルトレーニングになりそうです。

 

 

痛さではなく「熱さ」に注目する

 

医療脱毛の痛さは、輪ゴムで強く弾かれたような、ガムテープで一気にはがされたようなど様々な形容のされ方があります。

 

皮膚が感じる痛みには、針で刺した時、強くぶつけた時、熱いものや冷たいものを触った時などそれぞれ感じ方や質が違います。

 

脱毛の時に感じる痛みの原因は、レーザー光が毛根に熱を加えたから、いわば火傷と同じ状態になっていると言えます。

 

あまりに温度が高いようでは我慢はできませんが、痛いという感覚を熱いという感覚に置き換えてみると、少しマシになるという声もあります。

 

どうしてもダメな場合は施術中でも伝え、出力を弱めてもらったりしましょう。

 

 

ワンショットごとに「快方に向かっている」というイメージを持つ

 

もう一つの方法が、術後の仕上がりをポジティブにイメージすることです。

 

医療脱毛のメリットは肌がきれいになる、清潔感が増す、毎日のヒゲソリの手間から解放されるなどたくさんあります。

 

その一つずつを思い出し、この痛みに耐えた先にあるものとしてとらえてみます。

 

なんのために脱毛をするのか、その目標を思うと術中の痛みは一瞬の過程に過ぎません。

 

この方法は少々精神論の要素があるかもしれませんが、痛みを感じる時は心理状態も関係しています。

 

難しいですができるだけ良い方向に、痛みさえ必要悪だと気楽に考えてみましょう。

 

 

 

ゴリラ脱毛の痛みを抑えるには試しながら自分に合った方法を

 

ゴリラ脱毛は効果の高い医療脱毛ですが、やはりたった1回で済むことはなく、ある程度の回数は通わなければ効果はありません。

 

そのために必要なのが継続のしやすさですが、施術の痛みはそれを妨げる要素として決して見逃せません。

 

しかし痛みを抑える方法はいくらでもあります。

 

麻酔を使う、器具を変える、ポジティブシンキングを使うなど、人によって最適な方法は様々です。

 

ただ一つ言えることは、ヒゲがすっきりした清潔感あるイメージを嫌う人はいません。

 

少しでもモテたい、就職に成功したい、仕事での評価を勝ち取りたい、そんな願いをかなえてくれるのがゴリラ脱毛です。

 

 

 

まとめ

 

ゴリラ脱毛は痛いという噂の真相について、口コミをベースに調査した上で対策法を紹介してきました。

 

実際に施術した人の口コミを見る限り、やはり痛みを感じたという意見が多数あったのは事実ですが、痛みを抑える工夫の貴重な声も拾えました。

 

痛みを抑える方法は3つ、出力の弱い機種を選ぶ、麻酔ガスまたは麻酔クリームを使う、さらにポジティブイメージを持つ心理テクニックがあります。

 

また自分でできる痛みの予防方法は日焼けをしない、ヒゲソリや洗顔を正しい方法で行う、そして不安があれば相談すると意外と簡単です。

 

もはや半数以上の女性が男性のムダ毛を許せなくなっているくらいなので、メンズ脱毛は痛みがあってもなお需要が高まっています。

 

面倒なヒゲソリから解放されるためにも、ゴリラ脱毛はそれでもやはりおすすめだと言えます。

page top